在宅サービスにおける介護求人について

現在の日本は少子高齢化が進んでいるとともに、核家族化が進んでいます。



そのため、地方には高齢者の一人暮らしや高齢者夫婦だけで生活している人がたくさんいます。

田舎の場合には近くに利用できる福祉施設や病院がないことも多く、高齢者が自分でそのような施設や病院を利用することは非常に難しい状況です。



そのような中で増えてきているのが在宅サービスです。在宅サービスというのはスタッフが利用者の自宅を訪問し、必要なサービスを行うものです。

医師や看護師による医療や理学療法士などによるリハビリテーションもありますが、介護によるホームヘルパーはその中でも重要な役割を果たしています。


そのため、ホームヘルパーの求人は非常に多くあり、人材が不足している傾向にあります。



ホームヘルパーの仕事には大きく分けると二つの種類があります。
一つ目は家事援助です。


利用者の生活に必要なものの買い物や食事の準備、掃除、洗濯などを行います。



家事を行うことが仕事のため、長く主婦をやっていた人でも行える仕事なため、主婦から求人に応募して仕事を始めているという人は多くいます。



二つ目は身体介護の仕事です。



利用者を起こして車椅子に移動させたり、排泄の介助をしたり、入浴の介助をするのが仕事になります。
また、利用者が通院が必要な場合の付き添いなどの仕事も含まれます。


家事援助と比較すると身体的な負担も大きく介護技術も必要なため、報酬は多めに設定されています。



これから需要がさらに大きくなっていくと考えられる分野のため、興味がある人は求人を探してみましょう。



関連リンク

介護の求人を選ぶ時のポイントとは

今の時代仕事が見つからなくて悩んでいるという人も多いものですが、そのような中比較的仕事が見つけやすい職業といえば介護職です。高齢化社会が進む現在の日本では介護職の需要が非常に高くなってきていて、それに加えて人手不足の世界でもあるので求人が豊富にあります。...

more

有料老人ホームからの介護求人

現在でも順番待ちにより希望する施設になかなか入れない高齢者はたくさんいます。今後は団塊の世代も高齢者となったため、介助が必要な人の人口はさらに増えることとなり、施設の利用はさらに難しくなることが予想されます。...

more